忍者ブログ
 ≫ フリーエリア
高収入の職業
2018/12∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 ≫ フリーエリア
 ≫ 最新CM
[11/15 NEX-C3]
[09/01 むらた]
 ≫ 最新TB
 ≫ プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 ≫ バーコード
 ≫ ブログ内検索
 ≫ カウンター
 ≫ アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1999年4月の男女雇用機会均等法の改正で性別を示す職種での求人が禁止され、その一環として「保母」から「保育士」に 呼称が統一されたことなどをきっかけに、全国的に男性保育士が増加。

現在では4000人を越すと推定されている。

 家庭には父母がいるように、保育所・幼稚園にも男女両方の先生がいた方が自然だと思います。

また男女のどちらかが先生に 向いているとは女性と男性、それぞれに長所・短所がありますから一概には言い難いはずです。

 男性保育士に求められるものは、父性的な関わり、ダイナミックな遊びなどにはじまります。

一般的に男性の方がこういったことが得意と言った部分はあると思います。

 保育とは何か?

と考えると、家庭には基本的に父母がいてその中で子供は育っていく、そうした意味で、男の先生も女の先生も いると言うのが保育においても自然な姿ではないかと思います。

 保育所や幼稚園の先生は女性が当たり前という流れは、これまでの日本の習慣として続いてきた「男性は外で仕事、女性は中で 家事・育児」という性別役割分担が大きく影響していると思います。

現状、男性保育士および男性幼稚園教諭の割合はかなり低いですが、着実に数は増えてきています。

これから先も男性保育士・ 幼稚園教諭のニーズは高まるはずです。

 

 

PR
忍者ブログ ∥ [PR]
Powered by 忍者ブログ  Design by © まめの
Copyright © [ 高収入の職業 ] All Rights Reserved.
http://highincome.blog.shinobi.jp/